MENU

陰獣の花嫁 神田光

作品詳細

タイトル
陰獣の花嫁 神田光
再生時間
94分
ジャンル
監禁, スレンダー, 単体作品, 独占配信, ハイビジョン
女優
神田光

広告代理店社長の真子は、事故で足が動かない息子と二人暮らし。未だに息子の足が動かない理由は心理的なものと説明する主治医。心にショックを与えると回復する、との助言に真子は、営業部の美咲の顔を思い浮かべるのだった。

作品レビュー


  • 思ったほどでなかったかな

    けっこう期待したんですけどね、実際 見てみると ちょっと違った。ただし、制作年の2014年ごろは、モザイクのかけ方がまだ甘く、薄い。その意味で、今となってはお宝作品だ。神田光は、ちゃんと女優として様になっているね。まず セリフが話せる。 セックスシーンで ワンパターンの言葉しか出てこない女優さんが多いが、神田光は多様な言葉を出せるのを評価したい。ワンパターンというのは、「やめて」というのを最初から最後まで言い続ける女優とか。最初からそのように言うと決めているとしか思えない。それからすると、神田光はいろいろな言葉を適切に繰り出している。それと、社長であり母親役の女優さんがいいね。名前なんというのかな。主演として 何かの作品に出ているのかな。


  • ドラマとしては悪くないが・・・

    息子の脚はもう治っているはずなのに、自分から立とうとしないから立てないと医者からいわれた母は、セックスを契機に脚が動けばいいと、息子の好いている女性社員を当てがうが・・・。神田光のからみがさっぱりで、全然エロくないのは絶望的ですらある。今回は擬似性交ではなくちゃんと挿入されているところも映っているが反応が全然ダメ。ベテラン男優栗原良も医者役で神田光を喘がせようとがんばっているが、声は出せども感じている顔には見えない。せめて母親が息子とからんで挽回してくれたらいいんだが、母親役の女優さんは脱がないしからみもしませんから。


  • 撮影テクニックが素人以下・・・。

    この際、ストーリーなどに関してのコメントは省略する。女優の容姿に魅かれて購入したが、画面のひどさには驚いた。本作の大部分を占める一室での撮影において、部屋の片隅に置かれているスタンド照明が強過ぎて、それが直接当たる部分は白く、それ以外は暗くなっている。要はコントラストのバランスが取れていないのだ。撮影をする際には考えた照明が必要なのに、本作はこれができていない。もう一度、撮り直し。そして、返金を願う。


  • 期待値込で。

    この女優さん全くの新人ではなさそうですが、演技次第では深層の令嬢などが務まりそうな素材ではないでしょうか。今後の期待値込で星4つとしました。

  • 作品画像

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次