MENU

競泳日本代表選手の1日に密着!’有り余る性欲‘に任せていつでもどこでも激ピスSEX 新海咲

作品詳細

タイトル
競泳日本代表選手の1日に密着!’有り余る性欲‘に任せていつでもどこでも激ピスSEX 新海咲
再生時間
168分
ジャンル
アスリート, 3P・4P, 潮吹き, 単体作品, ハイビジョン, ローション・オイル
女優
新海咲

競泳日本代表、本物アスリートのとある1日に同行。朝のランニングとジムトレーニングが終わったら、体をほぐすと理由を付けてホテルでエロマッサージ。プールでひと泳ぎした後はプールサイドでそのままSEX!夕食を食べたら男たちと翌朝まで激ピス三昧!それでもケロッとしているなんて、まさに底なしの性欲!

作品レビュー


  • 本物は良い

    やっぱり本物で迫力が凄い。あまり水着にこだわらくても良いんじゃないかな。今後も長く続けてほしい。


  • 一日に密着ならば、起きたシーンからとれば

    三作目です。密着といってる割には、プライベートシーンがないのが残念です。当人のインタビューでこの作品からは、自分なりの演出を考えたそうですが、どうも特技は潮吹きといっただけ?のような気がします。アスリートらしく体力を相当使うSEXが続くのは良いところ。身バレをしているので、もっと普段の行動もはさんでほしい。個人的にはかなり押してますので、今後に期待します。


  • 絡みはスポーツ的 艶さ不足

    デビュー三本目の新人に艶を求めるのは酷かもしれないが、これはAV女優やっていくには必須のスキルだからいくらルックスよくてもこれがなくてフェイドアウトした女優も多い責められての耐久性自ら攻めての耐久性はおそらく今の現役女優の中でも屈指ではないかな。唇もたらこに近いから艶がでれば常に上位にランクできる容姿は兼ね備えている元ジュニアの王者だから無駄な贅肉はないが、これを好むユーザーとふくよかな肉体を好むユーザーがいるから、いかに後者のユーザーを取り込んでいけるかが課題かな絡みは、豪快、貪欲SODよりもハード系のメーカーからのデビューしたほうが、この子にはあっていたかもしれない。絡みが、耐久性のスポーツ的な絡みになっているので、これが一本調子にならないように、変えていく必要はある。今後、リリースされるであろういいなり温泉では豪快な絡みをみせてくれると思う。


  • エロい

    世界で活躍したトップアスリート新海咲。ガチアスリートらしく現役時代の映像がYouTubeで沢山見ることができる。純朴な高校生時代のインタビューをみた後で見ると興奮度が大幅アップします。それを抜きにしてもトップモデル並みのプロポーション、アスリートらしからぬ柔らかな乳房は素晴らしく最高級にエロい。オフトークからもAV女優という仕事に対する意気込みが感じられ、今後の作品も期待大です。


  • AVアスリートの幕開け

    すさまじい実績を持っているのに関わらず大胆なプレイ。スタイルは言うまでもなく、筋肉質なだけでないアスリート体質。顔も美しい。よくあるプールでのプレイや、ボディービルダーとかと同じような演出はとてももったいない。彼女の特徴は、素人っぽいたたずまいと方言、どこにでもいるお嬢さんが実は超アスリートで超スケベ。豪快なプレイをもっと見せていってほしい。


  • 元競泳選手の激ピス観てみたい欲望が湧くような作品だ

    新海咲の第3ですが、待ちに待った激ピス!!これはもう腰振りのスピードのある男優をキャスティングするしかないでしょう。カリのデカい男優、田中の2人が新海咲のおマンコを壊すかのように激ピストンされていく。新海咲のイキっぷりや喘ぎ声エロいな。元アスリートであっても膣圧は結構緩いというはずがない。キツツキなおマンコなのでしょう。激ピストンされる新海咲を見たいユーザーにオススメだと思うね。構図などは関係なくにね、ズボズボ激ピスして絶叫喘ぎする新海咲のエロさはいい感じだと思うね!勃起MAX間違いないですね!


  • AV出演は「有名アスリートの挫折」ではなく「前向きな決断」

    競泳元日本代表のヌードモデル「新海咲(小嶋美紅)」のAVデビュー第3弾。大阪府出身の21歳。175cmの長身を活かしたダイナミックなフォームで世界ジュニア選手権二冠(個人メドレー200mおよび400m)に輝いた正真正銘のトップアスリート。学生時代に打ち立てた日本記録のいくつかは、いまだ破られないままとなっている。オリンピックのメダル候補の一人と目されていたが、2019年に突然の現役引退。社会人経験を経て、2021年にヘアヌード解禁。翌年、AVデビューを電撃発表。オープニングのインタビューでは、自身のAV出演を「有名アスリートの挫折(いわゆる『AV堕ち』)」と報じる一部マスコミへ異議を唱える彼女。改めて「前向きな決断」を強調する。「(セックスは)好きやし、(スタッフは)優しいし、(撮影は)楽しいし」続いて、上半身裸のトレーニング風景(ランニングおよびウエイトマシン)。「性感マッサージ→顔射FUCK」を挟んで、中盤は、競泳水着姿のプールセックス。デビュー以来、毎回登場する「定番のシチュエーション」であるが、プールという(競泳選手にとっての)神聖な場所でセックスする「罪悪感」へようやく「(正解か不正解かはともかく)自分なりの答えを見つけた」様子である。誰がなんと言おうと「競泳元日本代表」という彼女のキャラクターを活かせるのは「プールでの競泳水着セックス」である。そして、後半は、ホテルの一室で「たんぱく質補給(肉厚ステーキ)→全裸4P」。肉を喰らって、デカチンを喰らう。「フ〇ラチオ+W手コキ」の3本同時処理。ピストンで突かれるたびにプルプルと揺れるCカップ乳。連続顔射で精子まみれの壮絶フィニッシュ。早朝から始まった撮影は、気がつけば翌日の早朝。「次から次へと違う人のチ〇チンが入って来るのがびっくりでした」とオールナイト無限4Pの感想を述べる咲嬢。さすがの「体力(と性欲)」である。

  • 作品画像

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次